元善光寺

意外と知らない「元善光寺」

By shio, 2015年5月15日


大盛況の善光寺御開帳も、残すところあと2週間程度となりました。

2ヵ月間もやってるんだから地元民はまぁそのうちゆっくりお参りしましょ
とか言っている間に、なんやかんやで5月も後半。

え~…焦っております。
いつ行きましょうね本当に。

さて、口調が違うので既にお気付きの方もいるかと思いますが、
今回は、いつもこのコーナーで善光寺をハックしている人(←誤解)とは違う人が中の人です。
いつもの感じを期待された方はごめんなさい。頑張ります。

では早速…
今回は表題にしました意外と知らない「元善光寺」についてご紹介します。

「元善光寺」って知ってました?

「一生に一度は善光寺参り」というフレーズでおなじみの善光寺ですが、
実は“善光寺”というお寺は全国にたーーーくさんあります。

本家本元は長野市にある善光寺ですが、
建立から千四百年の長い長ーい歴史の中で善光寺信仰は広まっていき、
時の権力者によって全国各地にいろんな善光寺が建立されました。

そんなわけで、現在
善光寺という名前がついたお寺は100を超えると言われます。

そんなにあるのか~。
じゃあこの元善光寺もたくさんある善光寺のうちのひとつか~。

と思いきや、時代と共に増えていった善光寺は数あれど、
“元善光寺”はちょっと違うんです。

お寺自体が出来たのは長野市の善光寺より後になりますが、
その名の通り、信州善光寺にご本尊様が遷座される
ご本尊様をお迎えしたのが縁起となっているのがこの“元善光寺”。

ということで、つまり本当に“”善光寺、なんだそうです。

さて、この元善光寺にも「一生に一度は~…」と同じような言葉がありまして、

「一度詣れよ元善光寺 善光寺だけでは片詣り」と言います。

要するに、善光寺と元善光寺の両方をお参りして初めて
善光寺参りが完了する、というわけです。

とすると…長野市生まれで長野市在住の中の人は、
生まれてから数えきれないほど何かといえば善光寺参りをしていたわけですが、
どうやら全部片参りだった模様…。

そんな個人的なことはさておき、

元善光寺には、本堂の他に平和殿と新宝物殿があります。
宝物殿には、ご本尊を安置して供養した後四十一年間光り続けたという霊宝
「座光の臼」の他、様々な宝物が展示されています。
また、元善光寺は「さつき寺」とも呼ばれ、綺麗なさつきが見られます。

へ~、知らなかったな~。

ということで、ご紹介しますと言っておきながら調べれば調べるほど奥が深くて底なし沼のようなので、元善光寺の縁起や全国の善光寺巡り等については、ご興味ある方は検索してみてください。
もっともっと詳しい人々が分かりやす~くブログ等にまとめたりしています。
 
◎元善光寺公式サイト
http://www.motozenkouji.or.jp/

 
ちなみにこの「元善光寺」
どこにあるのかと言えば、善光寺の名前の元になった本田善光さんの誕生地、
南信州は飯田市の座光寺にございます。
 
信州善光寺からは車で2時間、約160km離れています。
 
遠い…っ!
中の人(長野市)にはちょっと遠いなぁっ!
 
と思いましたが、先日行ってきました元善光寺。
 
信州善光寺の御開帳にちゃんとお参りするのはこれからだというのに
まずは片詣りを解消すべく、南信州は飯田市へ!
 
ということで、ここから先は「いってきました」のコーナーでご紹介しています。 >>元善光寺の御開帳に行ってきました! 
 
ところで、善光寺御開帳も注目ですが、ながのモールのプチリニューアルにもご注目ください!
2015年5月15日、ショッピングサイトを「ながのモール Hope」に集約して、
ちょっとだけ装いも新たにプチリニューアルいたしました♪

プチリニューアルしたながのモール

ぜひ覗いてみてくださいね~。


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.