高島城~日本一高い地点にある諏訪湖の浮き城~

By nagamo, 2006年12月12日


こんにちは!皆様いかがお過ごしでしょうか?
前回の、【荒砥(あらと)城】はいかがでしたか?
「風林火山」のロケも無事終ったようで、これからも怪我なくいくことを願いたいと思います。
さて、今回は“日本一高い地点にある諏訪湖の浮き城【高島(たかしま)城】をご紹介したいと思います。

なんで、「浮き城…?」と思われるかも知れませんが、その昔、諏訪湖の波がお堀のところまで迫り、遠くから見た人は、まるで、諏訪湖に【高島城】が浮いているように見えたそうです。
そんなところから、別名【浮き城】とも呼ばれています。
高島城
簡単に【高島城】の説明をいたしますと、諏訪地域を治めていた【諏訪頼重】が信玄に敗れ、自刃後に諏訪氏残党が立てこもり、落城後勘助が【由布姫】を救い出したのが【高島城】です。
ちなみに、その後、【由布姫】は信玄の側室となり【武田勝頼】を生みます。
【由布姫】はとても美しいお方だったそうです。
当時の【高島城】は茶臼山にあり、現在の位置とは異なっていました。
現【高島城】は、平城としては国内最高の海抜(約760m)にあり、豊臣秀吉の武将【日根野高吉】により慶長3年(1598)に築城されました。その後、【諏訪頼水】が11年ぶりに旧諏訪領に帰り藩主となり、慶長6年から明治維新まで10台、270年余りにわたって諏訪氏の居城であった。
高島城
当時の石垣は一部残っていたが、昭和45年(1970)に天守閣、冠木門(本丸入り口の城門)、角櫓などが復元され、現在、本丸には3層の天守閣があり、二の丸跡は高島公園となっています。
高島城
天守閣に上ると、眼下には諏訪湖広がり、遠く富士山・八ヶ岳・穂高岳・槍ヶ岳を望むことができます。
高島城
上記の写真の大銀杏はとても綺麗でしたよ!
ちょうど、紅葉真っ盛りの時期でした。
高島公園では、4月にサクラ、5月にフジが楽しめるということです。
高島城
【高島城】の近くには、【諏訪大社上社】がございます。
お立ちよりの祭は、ぜひ行ってみてください。
天守閣見る諏訪湖は広大でとても存在感がありました。
この場所で、当時の武将が諏訪湖を眺めていたと思うと、ロマンを感じます。
今回は、このあたりで!

それでは!


One Comment

  1. アサミ より:

    良くまとまってますね~。1月のツアーで高島城をコースに入れていますのでたいへん参考になりました。写真も綺麗です。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.